風邪だと思ったら花粉症!?そんな体験をしたことはありませんか?花粉症患者の多くは最初は風邪だと思っていたなんて話をよく聞きます。しかしじっくり見てみれば花粉症と風邪にも見分け方があるのです。

花粉症の症状は風邪より辛い!?

花粉症患者の未来はいかに

花粉症

花粉症とは、アレルギーのひとつで植物の花粉が鼻や目などの粘膜に接触することでくしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどが起こることです。
花粉症といえば、スギによってもたらされるものが多くそのため、スギ花粉が盛んに飛散する2月から4月までが花粉症患者が多くなる季節とされます。
しかし、スギ以外にもヒノキ科、ブタクサ、マツ、イネ、ヨモギなどの他の植物の花粉でも花粉症となる場合があります。
ただ飛散量に関しては本州においてはスギが非常に多いため花粉症といえばスギ花粉によって引き起こされる傾向にあります。

花粉症が発症する仕組みとしては、患者が空中に飛散している花粉を吸い込んだりすることで鼻の粘膜に接触しますし、またメガネなどで保護しなければ自然に目にも接触します。
花粉が粘膜に接触するとリンパ球が花粉を体内への侵入者と認識し、これによってIgE抗体が作られます。
抗体そのものは体内に侵入する異物を排除するために重要な役割をしますが、このIgE抗体が肥満細胞と結合することで再び花粉が侵入してきた場合に過剰に反応します。
この過剰な免疫反応がアレルギー反応になります。

過剰な免疫反応としてはIgE抗体と肥満細胞の結合体から化学物質としてヒスタミンなどが分泌され、これにより、身体から花粉を過剰に放出しようとさせるためにくしゃみや鼻水などが発生します。
また頻度は高くはありませんが、過剰な免疫反応であるアナフィラキシーショックも発生する可能性があります。
アナフィラキシーショックはスギ花粉ではなくイネ科、シラカバ科、キク科の花粉で起こりやすいとされます。

花粉症になる原因としては、IgEの量が多いことであり、これが直接的なアレルギーの原因となっていますが、実際のところIgEの量が多くても花粉症を発症しない人もいるため、必ずしもIgEの量の多さが花粉症の重さに直結しているわけでありません。
このため体質的なものとして遺伝的な要因も考えられていますし、また大気汚染や生活環境、衛生環境の変化によって免疫反応の変化など複合的な要因が合わさって発生するものとして考えられています。
このため抜本的に治すという方法はなく対症療法で緩和するのが主流となっています。

近年の花粉症の研究について

花粉症は現代においては国民病とも呼べるものであり患者数は年々増加の一途を辿っています。
このため90年代頃から研究が盛んに行われるようになっています。
対症療法としては、アレルギーを抑えるための抗アレルギー剤を利用するのが一般的です。
重度の場合にはステロイド剤が使われるケースもあります。
このような対症療法はあくまでも緩和させる程度のもので抜本的な対症とはいえません。

このため近年の研究ではその原因となっているアレルギー反応を起こす原因を取り除くことを目指すといったことも行われています。
特にアレルゲンワクチンをシーズン前に服用することで過剰なアレルギー反応を起こさせないといった効果が期待することができます。
このさいのワクチンは経口投与によって行われるので負担が軽いものです。
また近年に盛んなのが乳酸菌を用いたものです。
この場合には花粉症だけでなくアレルギー反応そのものを抑えるということを目的としています。

いずれにしても花粉症は複合的な理由によって発生することが研究によってわかっており、これといった万人向けの決め手は現時点では存在していません。
ただわかっていることはアレルギーに対する抵抗力を付けるということで近未来の対策として注目されているのが花粉入りのお米を食べることです。
これは少しずつ体内に取り込むことによってアレルギーに対する抵抗力を付けるというものです。

また鼻の周辺に現れる花粉症に対して鼻粘膜をレーザーで焼いて反応を鈍らせてしまうという方法もありますが、これらも未来にはレーザーで焼いてしまうのではなく特殊な紫外線を鼻粘膜に照射することによって反応を鈍らせるといったことが研究されています。

関連記事