風邪だと思ったら花粉症!?そんな体験をしたことはありませんか?花粉症患者の多くは最初は風邪だと思っていたなんて話をよく聞きます。しかしじっくり見てみれば花粉症と風邪にも見分け方があるのです。

花粉症の症状は風邪より辛い!?

花粉症の症状は年々ひどくなるもの?

熱がある子供

花粉症の症状はできるだけ、年々悪化させたくないものですが、人によっては悪化していく方もいます。
年々悪化する原因としては、鼻の粘膜が炎症によって、よりアレルゲンに反応しやすい体質になってしまったり、年齢とともに免疫力が低下してきたことが考えられます。
外的要因としては、スギ花粉の飛散量が増えてきたことによります。

粘膜の炎症がひどいと、過敏に反応してくしゃみや咳がよく出て、鼻づまりなどの症状がみられます。
花粉症でつらい状態が続く時期や期間が、最初は短かったのに長くなる体質になっていきます。

花粉症になると苦しいので、治すために病院などで薬を処方してもらい、飲むわけですがあまり薬に頼りすぎても、人間が本来持っている免疫力が失われ、さらに花粉症の悪化を招いてしまいます。
すると花粉症の症状を薬で抑えたことで、逆に症状が年々ひどくなってしまうのです。

1日の中で、数回くしゃみや鼻水が出る程度で、マスクをしていればそんなにひどい症状ではなかったのに、1日中くしゃみや咳、鼻水がひどく仕事も手につかない状態に悪化してしまいます。
確かに薬で抑えたいですが、飲みすぎると免疫力が弱るので、1日2回薬を飲むところを1回だけにしておくとか、どうしてもつらい場合は、ティッシュで鼻をかんで抑えるなど、薬以外の方法で、抑えるように工夫するといいでしょう。

外的要因のスギ花粉が沢山飛散することに対しては、自然の木のことなので、どうすることもできません。
なるべくスギ花粉が多く飛来している、晴れている日は外出を控えたり、マスクやめがねなどを身につけて、防ぐようにするしかありません。
目が充血して赤くなる人は、専用の目薬をするとか、目を水で洗い花粉を除去するなど、対策をして予防しましょう。

まずはなるべく、薬以外の方法で最小限に抑え、どうしても抑えられない花粉症の症状に対しては、薬を少し飲むのがいいでしょう。
体質を変えるようにします。

夜に花粉症の症状が悪化した場合はどうすればいい?

夜になると花粉症の症状がひどくなる人は、原因としていくつかのことが考えられます。
夜になるとお風呂に入ってくつろいだり、布団でゆったりしている方がほとんどだと思われますが、リラックスしていると副交感神経の動きがよくなり、自律神経が交感神経より切り替わます。
副交感神経は体の免疫機能もあるので、夜になると副交感神経が優位になり、免疫で花粉を排除するよう体が攻撃するので、花粉症の症状が悪化するわけです。

人間は体内の状況に応じ、置かれている環境に合わせて、交感神経と副交感神経を、自然に使い分けています。
日中は活発に動き回っているので、交感神経が活動的になります。
リラックスしている状態ですと、副交感神経が活発になります。

副交感神経を働かせないようにするために、動いてばかりでは疲れますし、ゆっくりくつろぐ時間も欲しいものです。
眠れないのも困りますので、夜は薬を飲んで花粉症の症状を抑えておくのが、ベストな方法かもしれません。
又、夜は部屋を閉め切っているので、昼間外から入ってきた花粉が、部屋の中を滞留して吸い込んでいます。
日中は体を動かしているので、交感神経が働き花粉症の症状が少ない人でも、夜になると部屋の中にある花粉に、過剰に反応するようになります。

昼間はそうでもなかったのに、夜になると花粉症がひどくなり、変だなと思っていらっしゃる方もいるでしょう。
昼間はそれほど症状が悪くない人であれば、夜の時間帯だけマスクをするとか、空気清浄機をかけるなどすれば、花粉症の症状がだいぶ楽になる可能性があります。
部屋に漂っている花粉を吸わせて、部屋の空気をクリーンな状態にしておくのも、部屋で過ごすのが楽になり、良い方法と言えます。

どの方法を試しても花粉症の症状が改善しない場合は、病院に処方された薬を飲んで、治す環境に変えるといいでしょう。

関連記事