風邪だと思ったら花粉症!?そんな体験をしたことはありませんか?花粉症患者の多くは最初は風邪だと思っていたなんて話をよく聞きます。しかしじっくり見てみれば花粉症と風邪にも見分け方があるのです。

花粉症の症状は風邪より辛い!?

花粉症の症状が出て辛い時の他人への対応の仕方

花粉症

花粉症になると、咳やくしゃみがよく出るようになります。
花粉症の人が他人に、一番迷惑をかけてしまう症状と言っていいでしょう。
友人や家族とどこかに遊びに行く場合や、仕事場などでは迷惑かけないアイテムとして、マスクやめがねを身に付けるようにしましょう。
マスクは咳やくしゃみをして、他の人につばなどをかけたりしないよう、防御のために装着します。

めがねは、これ以上自分の花粉症が酷くならないように付けます。
花粉症の症状が軽ければ、他人にも迷惑かけないですむでしょう。
遊びに行く際は、なるべく晴れている日は避けたほうがいいです。
晴れている日は、花粉が多く飛んでいます。
逆に雨の日は、花粉の飛ぶ量が少ないので、お出かけに向いています。

マスクをしていても咳をよくすると、周りの人は咳のゴホンという声が、気になってしまう人もいますので、あまりにも咳がよく出るようでしたら、マスクの隙間からの花粉侵入と、のどの乾燥を防ぐために、湿らせたガーゼをマスク内側にはさみ、のどを潤すようにして、なるべく咳の数を減らすようにするといいです。

着用している服にも沢山花粉が付着しているので、服を洗濯して干した後は、服を揺すったりはらったりして、花粉を衣服に付けないようにしましょう。
咳やくしゃみを少なくするために、行っておくといいです。

目がかゆくなったり、赤く充血する人は、他人に直接的に迷惑をかけるわけではないですが、仕事の商談中に涙が止まらないとか、目が赤いなどの姿を見せると、相手も気になってしまいますので、花粉症の症状をやわらげるようにします。
ハンカチも必ず、持ち歩くようにしましょう。

春の季節は花粉がよく飛散するので、窓をなるべく開けないようにします。
花粉症の症状を抑えることが、他人に嫌われないようにするための、ポイントになります。
他人へのお願いの言い方も、花粉症なのでと症状を正直に伝えたうえで、窓を開けないようにして下さいなど、お願いしましょう。

花粉の季節!窓を開けてほしくない場合は何て言う

花粉の季節になると、花粉症がない人は、春のすがすがしい空気を吸いたくて、窓を開けたいと思っています。
ですが花粉症の人は窓を開けると、花粉が入ってくるので、窓を開けたくないものです。
窓を開けないで下さいと、他人に嫌われないで、対応するにはどうすればいいでしょうか?言い方に気をつけて、丁寧にお願いをします。

花粉症ではない人は、花粉症の人がどれぐらい症状がつらいのか、経験したことがないので全く分かっていません。
ただくしゃみをしているだけだと、思っているかもしれません。
コンタクトレンズが合わなくて、目が充血しているのだろうと、考えているかもしれません。

窓を開けてほしくない場合、花粉症のつらさを、詳しく説明しましょう。
花粉が鼻や目に入ると症状が出るので、窓を閉めておけば、花粉が入ることを防げるので症状が軽くなり、なんとか仕事もできるので、など正直に説明してみましょう。

又、他の病気ではないと、花粉症の違いを説明し、花粉症にはどう対応するといいのか、理解してもらいましょう。
花粉症の症状が出ているので協力して下さい、ご迷惑をかけてすいません、と丁寧にお願いをします。
花粉症は時期が来たら、症状が終わり治ります。
症状が改善して治ったら、花粉症の症状が止まり治ったことと、協力して頂いて感謝しています、と御礼を伝えましょう。

花粉症の人に対して、花粉症ではない人は、自分が思っているより気にかけてくれているので、治ったら必ず周囲の方に、報告をしましょう。
花粉症の症状が出ていることで、鼻が詰まりイライラして、命令調な頼み方をしないように気をつけましょう。
どんな種類の花に反応しているのかも、説明しておくといいです。

関連記事