風邪だと思ったら花粉症!?そんな体験をしたことはありませんか?花粉症患者の多くは最初は風邪だと思っていたなんて話をよく聞きます。しかしじっくり見てみれば花粉症と風邪にも見分け方があるのです。

花粉症の症状は風邪より辛い!?

花粉症の改善は体質改善にあった!

喜ぶ女性

多くの日本人が毎年杉やヒノキなどの花粉症に悩まされています。
花粉症にかかると、目や鼻の粘膜が炎症を起こします。
花粉症の主な原因は、人体の免疫システムが花粉に対して過剰に防御反応を起こすことです。
本来であれば人間の免疫は人体に有害な異物に対してのみ防御反応が起こり、人体に無害な物質に対しては反応しないはずです。
人体に対して無害であるはずの植物の花粉に対して過剰に免疫が反応するのは、免疫システムが攻撃の対象を誤っていることに起因しています。

一般的に花粉症の原因は免疫が強すぎることである、と思われがちですが、これは間違いです。
免疫力が強い人とは人体に有害な異物に対する攻撃力が強いのであり、正常に働く強い免疫機システムは人体に無害な花粉に対してアレルギー反応を起こすことがありません。
人体に無害であるはずの植物の花粉に対して免疫が過剰に反応して花粉症が起こるのは、免疫機能が異常をきたしていることが原因です。
攻撃の矛先を誤って本来は人体に無害な花粉にアレルギー反応を起こす理由は、体の免疫システムが弱っているからです。

花粉症を緩和する方法として、目や鼻に花粉が触れないようにするためにマスクを着用することができます。
耳鼻科で診察を受けると、アレルギー反応を抑えるための薬が処方される場合があります。
いずれの方法も一時的に炎症を抑えるための対症療法に過ぎず、免疫細胞が人体に無害な花粉を攻撃する事を防ぐわけではありません。
根本的に花粉症に対処する方法はアレルギー体質を改善して、免疫機能を正常に戻す必要があります。

免疫機能を正常に戻すことで、アレルギー体質を改善することができます。
アレルギー体質を改善すれば免疫細胞は細菌やウィルスなどの有害な異物に対してのみ反応するようになり、無害な花粉に対して免疫が過剰に反応しなくなります。
体質改善をすれば花粉以外の無害な物質に対しても過剰なアレルギー反応を起こさないようになるばかりではなく、細菌やウィルスが原因で起こる病気にかかりにくくなります。

花粉症に負けない強い身体を作るための方法

花粉症に負けない強い身体を作るためにできることは、弱くなった免疫力を強化することです。
人間の免疫は不規則な生活やストレス、偏食などによって弱くなってしまいます。
他にも飲酒や喫煙、加齢などによっても免疫力が低下します。
免疫機能を整えるためには、免疫力を弱めている生活習慣を改善する必要があります。
日頃の生活習慣を改善するだけでも、弱った免疫機能を改善するのに有効です。

多くの現代人は偏った食生活に起因する低体温が原因で、免疫力が低下しています。
低体温を改善するために、唐辛子・ニンニク・ニラ・大根・ネギなどの野菜や、ナッツ類、青魚、赤身肉、卵、ごま油など、体を温める食品を積極的に食べることも役立ちます。
腸内における細菌のバランスを整えるために、意識して発酵食品を食べるようにすることもできます。

免疫力を弱める悪い生活習慣を改める他に、積極的に免疫力を強化するための行動を起こすこともできます。
アレルギー体質を改善するためには適度な運動や、ストレスを解消すること、十分な休息を取る方法があります。
定期的に体を動かすことは運動不足の改善だけでなく、ストレスを解消するのにも役立ちます。
スポーツ以外にも何かの趣味を持つようにすることもできます。
直接花粉症とは関係がないように思えるような行為であっても、ストレスを解消して免疫機能を改善することが花粉症対策につながる場合があるのです。

花粉症に負けない強い身体を作るために、免疫力を弱める生活習慣を改善することと、免疫力を強化するために行動を起こすことができます。
免疫力を強めてアレルギー体質を改善することによって、花粉症に対して根本的に対処することができます。

関連記事