風邪だと思ったら花粉症!?そんな体験をしたことはありませんか?花粉症患者の多くは最初は風邪だと思っていたなんて話をよく聞きます。しかしじっくり見てみれば花粉症と風邪にも見分け方があるのです。

花粉症の症状は風邪より辛い!?

花粉症になる前に対策を!花粉症ではない人向けの記事

マスク

花粉症じゃないから何もしなくて大丈夫と油断してはいけません。
花粉症ではない人も突然、発症するかもしれないからです。
すでに花粉症になっている人も急に発症しているはずです。
だから、花粉症ではない人も対策を講じてください。

特に、大気汚染されている地域に住んでいる人は花粉症のリスクが高いので発症前から対策したほうが良いでしょう。
大気汚染物質によって、花粉症のリスクを高めないようにするためには、帽子やマスク、メガネなどで体内になるべく花粉を取り込まないようにしてください。

対策としては、すでに発症している人と同じです。
ただし、まだ発症していない段階なので、花粉を浴びたりしないだけで十分です。
自宅にいる時も花粉が外から入ってきますので、空気清浄機を使ったほうが安心です。
室内の花粉を吸っても発症する恐れがあるからです。

なぜ、大気汚染と花粉症が関係があるのかというと、メカニズムに関係があるからです。
もともと花粉は体にとって有害なものではありませんが、そこに排気ガスなどの有害物質が付着することによって、花粉を吸いこんだ時にくしゃみや目のかゆみなどを発症しやすくなります。

だから、花粉の飛散量だけではなく、大気汚染物質が多いことも調べて、対策したほうが良いでしょう。
すでに、新聞などの記事で紹介されています。
田舎に住んでいる人よりも都会に住んでいる人のほうが空気が汚いのでリスクも大きいので、発症前からなるべく花粉も大気汚染物質も体内に入れないようにしましょう。

これまで、花粉症を発症していない花粉症ではない人であっても、花粉症関連の記事に目を通しておいて、どれだけ自分が発症する恐れがあるのかを頭に入れておいてください。
周りにすでに発症している人がいると、どれだけ大変なのかがわかります。
知識がないと大気汚染との関係性、発症のメカニズムがわからず、気が付いた時には花粉症になっているかもしれないので、早めに知識を身につけてておきましょう。

花粉症は発症すると一生花粉症です

油断しており、花粉症になってしまったら、一生花粉症です。
だから、絶対になりたくないと思っていませんか。
体が花粉を危険な物質だと思い込んでしまうと、ずっと危険な物質だから、鼻水やくしゃみ、鼻づまり、目のかゆみなどで体外へ追い出そうとします。

このような体質に変わってしまったということですから、治そうと思っても現時点では治らないでしょう。
花粉症と言っても、かなり個人差があります。
軽い人から重い人までおり、重い人はくしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどだけではすみません。
肌荒れを起こすこともあります。
女性にとってはとてもつらいことでしょう。

一生花粉症になりたくないと思ったら、対策をしてください。
免疫が関係しているので、年とともに免疫力が下がってきて、軽くなった人はいます。
しかし、誰もが必ず年を取れば軽くなるとは言えません。

研究が進んでいるとは言え、花粉症を誰もが治せる時代ではないので、ならないように気を付けてください。
大気汚染が関係していますから、なるべく空気が綺麗なところで暮らすようにすることも効果的でしょう。

花粉にどれだけさらされるのかによってもかなり違います。
もちろん、大気汚染とも関係はしますが、花粉にさらされる量が多い人ほど発症しやすいです。
ただし、かなり個人差があるので、花粉にさらされる量が多くてもなかなか発症しない人もいれば、その逆もあります。

遺伝も関係していると考えられていますので、親や祖父母などに花粉症の人がいる人は、特に対策を実行したほうが良いです。
花粉を取り込まなければリスクが低下するので、発症しなくて済むかもしれません。
花粉症ではない人も対策をするかどうかで一生花粉症になるかどうかが決まります。

関連記事